男の子育児にオススメ育児本6選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

長男次男

我が家の男子のアホさかげんが加速して困ってます(爆)

最近の子どもたちの様子を見て、なんとなく予想はしていましたが、「まさかな~」と思っていたことを昨日、ついにやってしまいました・・・。

「クレヨンしんちゃん」のオープニングを見ながら、モノホンのケツを出しつつ踊る兄弟・・・^^;

次男のみにぐりは謎の「チ●出ししながら昼寝」するし・・・まいる・・・。

まぁこのへんならお笑いの話ですむのですが、ギリギリまで宿題をしない、遊んだあとなかなか片づけない、ランドセルから蛇腹になったプリントが出てくるなど、頭を抱えたくなるようなことをやらかしてくれるのは、圧倒的に男子。

男の子のお母さんたちに話を聞くと、こういった話が出るわ出るわ。

今回は、アホ男子の子育てに役立ちそうな本を紹介します。

スポンサーリンク

まずは「あるある」でストレス解消

正論を聞くよりもまず先にやりたいのは、本でもいいから、共感してストレス解消したい。

それからのほうが、「何をすべきか」「どう対処したらいいか」まっとうな話がすとんと入りやすくなります。

#アホ男子母死亡かるた

最近はツイッター発のアホな男子ネタが人気のようですね。

私はまだ読んでいないのですが、読んだお母さん方から絶賛の声を多数聞きます。

ああ息子

「毎日かあさん」にもアホ男子ネタが満載だったり。作者西原さんが集めたアホ男子ネタがたっぷりの本もありますね。

独身の頃からなぜか育児系コミックが好きで、読むたびに、自分が育児をする時のことをシミュレーションしたりしていました。

このあたりの本は「うちだけじゃなかったのね」と思える、ある意味ストレス解消本。

男の子育児本としてのおすすめ本たち

具体的に育児にあたってどうすればいいか指針が欲しいお母さんにはこういった本がオススメです。

日本一わかりやすい男の子の育て方の本

元保育士の原坂一郎さんの本は個人的にはイチオシです。内容は幼児~小学校低学年男子向けかな。

原坂氏の男の子の子育て本に共通することは

・あきらめる

・なんでもないことと思う

このふたつ。これができたらどんなにいいか・・と思いますがww

元保育士の原坂一郎さんの本は個人的にはイチオシです。内容は幼児~小学校低学年男子向けかな。

男の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方

6歳までの幼児男子の子育てにぴったりな本はこちらです。

子育てで育てたい大切な力とは・・・「社会を生き抜く力」と「学ぶ力」。これがないと自立して自分で食べていける人間になれない。「社会を生き抜く力」を身に着けるために大事なことは「自立心」「我慢」「思いやり」「自信」 「学ぶ力」をつくる大事な要素は「好奇心」「集中力」「やる気」 また、上記7つの要素は6歳までに育...

こちらは年齢ごとに育てたいステップについて解説してくれています。文章もわかりやすいのでお勧めです。

【追記2018/7/12】
2018年1月にはマンガ版が発売したそうです。

男の子の育て方

「うちの子、もう小学生だし・・・」ということであれば、こちらがオススメ。

5年前に出版された本ですが、今も人気のようですね。

これまでに何冊か、心理系の方が書いた育児や教育の本を読みましたがどれも、「叱りすぎるとこう育つ」的な脅迫っぽい内容が嫌でした。が、諸富氏の本は唯一、「手元に置いて参考にしたい」と思えました。子どもだけしか見ていない他の心理系育児書とちがって、親のフォローをしてくれているのがウレシイです。

カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方

男の子だけでなく、女の子にも役立つ脳科学育児にはやっぱりこの人のこの本です。

脳科学おばあちゃん久保田カヨ子さんの男の子育児に関する本をずーーーっと読みたいと思っていて、やっと読むことができました。

脳科学に基づいたしつけについて書かれていますが、目の前の子どもと向き合って育児することの大切さについても書かれています。

最後まで読むと、襟を正したくなりました。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

まずは「うちだけじゃないわ」と共感し、「じゃあどう対応しよう」→「今後の親の姿勢としての大切さ」という感じで前向きにストレス解消しつつ、男の子育児頑張りましょう(^^)

イライラしなければ、男子のあほさ加減も意外と楽しいかもwww

いや、楽しいのかな・・・^^;

管理人プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ中1男子・2009年1月生まれ小4男子・2011年1月生まれ小2女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
学びと自立
歴史系学習漫画比較サイト
広告
広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告