半夏生【季節の豆知識】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


PHOTO BY足成

あまり聞きなれない言葉でしたが、2日は半夏生(はんげしょう)といって、夏至から数えて11日目をさすそうです。

梅雨明けが近く、農家ではこの日をもって田植えを終わらせる目安にするとか。

なぜ「半夏生」と呼ぶのかというと、「カラスビシャク」という花の別名を「半夏」といい、この花が咲く時期がちょうど今頃だからついたといわれています。

さて、「カラスビシャク」ってどんな花?
Wikipediaで調べると・・・
ありました。>>カラスビシャク

漢方薬にも使われるようで、コレステロール抑制作用があるそうです。

管理人プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ中3男子・2009年1月生まれ小6男子・2011年1月生まれ小4女子の3児の母。まだまだ子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
普段はスーパーのパートに行きつつ、在宅でライティングその他もろもろの仕事を引き受けつつ、ブログ運営をしているいわゆるパラレルワーカーです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、古民家カフェ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
ゼロからラグビーを知るサイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
学びと自立
歴史系学習漫画比較サイト
広告
広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告