京都競馬場で1歳児連れ家族が遊びました

スポンサーリンク

今日は、3人で京都競馬場へ行って来ました。

実はこの時ぷちぐりぐずってました^^;

朝から弁当を作って、遠足気分で。

最近の競馬場ってすごいですねー。家族連れがたくさんいます。

競馬場は今や子連れレジャーの選択肢のひとつだとか

顔に海苔がついています

夫から話は聞いていましたが、実際にベビーカーを押した家族連れがたくさん。
芝生にレジャーシートを敷いてお弁当を食べている家族連れもたくさん。

そんなニーズに応えて、場内には児童公園やキッズルーム、授乳室が作られていました。

トイレもミニ便器があったり、オムツ替え用の台やベビーチェアもあるので安心。
乳幼児連れには非常にありがたい。

ぷちぐりの反応

さて、初めての競馬場。ぷちぐりにとってはどうだったんだろ。

この時はたまたまレース場の方を観てましたが…

TVの競馬中継で走る馬を観るのが大好きなぷちぐりでしたが、競馬場で本物の走る馬を観るより、見物しているお客さんたちの方が気になったようで、私たちの目の前を馬たちが走っている時に限って全然違う方向を観ていた。こんなチャンスにもったいない!

昼食後はポニーランドにポニーちゃんを見に行きました。

ポニーちゃんと対峙

この時のぷちぐりはすごく楽しそうで、声を立てて笑っておりました。

今日はポニーの体験乗馬があったらしいのですが、さすがにぷちぐりにはまだ早いので今回はパス。

もう少し大きくなったら整理券を取りに走って…って感じになるんでしょうね(パパはレースに夢中だろうからこういうのは私の役目になるんだろうか…^^;)

体験乗馬は毎週土曜日1時~小学校入学前のお子さんを対象に行われるそうです。
整理券が必要。

お昼寝タイムが恐怖

普段、ぷちぐりのお昼寝タイムは午後1~3時。こういう時間になると眠くなってぐずりだす。

ぷちぐりは寝ぐずりをし出すとおそろしいぐらい大きな泣き声で泣く。
家でこれならまだ何とかなるのだが、公共の場でこれをやられると、ちょっとつらい。

1回目のぐずりの時は、私がぷちぐりを授乳室へ連れて行き、おっぱいを飲ませてその後、ベビーカーで場内を散歩させたら眠ってくれました。

寝た。

しばらく落ち着きましたが、2回目のぐずりの時はベビーカー散歩もベビーカーゆらゆらも効かず、大泣き。
私ども3人はもうすぐメインレースが始まるという時に大移動を余儀なくされた。
夫曰く

ぐりーん父さん
ぐりーん父さん

『そんな大泣きしてたら恥ずかしいで~。笑われるで~』なんてぷちぐりに言ってるけど、実際笑われてるのはオレら夫婦や(笑)『あんなにしてまで競馬したいか』って絶対言われてるわ

・・・私もそう思う…

大移動中にちょっと落ち着いてくれたので、メインレースを観戦後、帰路につきました。

おまけ:今回の夫の戦績
7000円つっこんで3000円返ってきたらしい^▽^;

ぷちぐりは車に乗ってしばらくしたらすぐ寝てくれたのでほっ。

今日の感想は

今日の感想を率直に言うと・・・疲れた。

でも、競馬場って、家族連れの行楽にいい場所だということも感じました。

たぶん今後も何度か、家族で遊びに行くことでしょう。

管理人プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ高2男子・2009年1月生まれ中2男子・2011年1月生まれ小6女子の3児の母。まだまだ子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
普段はスーパーのパートに行きつつ、在宅でライティングその他もろもろの仕事を引き受けつつ、ブログ運営をしているいわゆるパラレルワーカーです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、古民家カフェ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
にゃんこの本棚
ゼロからラグビーを知るサイト
FruitsBasket妊娠・出産
学びと自立
歴史系学習漫画比較サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました