お宮参り&会食・春らんまん次男みにぐり編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


次男みにぐりのお宮参りに行きました。

スケジュールは

写真撮影→お参り→会食

の順です。

スポンサーリンク

撮影を最初に、は大正解!

和装の衣装は写真屋さんでお借りしました。

写真撮影を最初に持ってくると、衣装をお借りしてそのままお参りに行けるし、親たちは化粧がはげる前に撮影できるしいいかも~★

みにぐりの衣装はくすんだ空色っぽい色で、ワシの柄の衣装。

みにぐりの本名が、鳥が早く飛ぶさまを表現したような漢字を使ったものなので、ワシ柄にしようと言うことになったのです。

(写真はナシです。ひととおり撮影した画像を見ると、お袖で柄が完全に隠れていてどんな衣装だったのかが画像では表現できず・・・)

お参りへと向かう

写真屋さんでひととおりの用事を済ませ、神社に向かいました。

さすがに昨日は大安だったので、同じようにお宮参りのご家族さんたちがたくさんいらっしゃいました。

申しこむと30分は待つとのこと。それまで神殿のそばで写真を撮ったりして待ってましたが、寒いし、2組ずつお払いしてくださっているので、意外と早く順番が廻ってくるかもということだったので、中で待たせていただくことにしました。

が。。。。

ぷちぐりが神殿を怖がって中へ入らないと。

にゃばあ(私の母)がぷちぐりにつきあって境内で遊んでくれました。

まぁ。。。神殿が怖いという気持ちもわからなくはないな。

そして当のみにぐりはずっと寝ていましたが(写真屋さんを出る直前、車内でおっぱいを飲ませてから爆睡)、自分の番がもうすぐとなったらしっかりおめめぱっちり。

しかもほとんど騒がず。機嫌よさそうにふがふが言いながら周囲を見回す。

ぷちぐりのお宮参りのときは、終始寝っぱなしのぷちぐりもたいがい肝っ玉すわってると思いましたが(単によく寝るだけ笑)、本番前にきっちり目覚めて機嫌よく過ごすみにぐりはさらにすごいなと思いました(^^)

ただ、抱っこしている私(両祖母ともそれぞれ腕&足が弱いうえ、みにぐりはすでに生後2ヶ月以上になっているため、抱っこ不可能)が座り込んでしまうと「動け、揺らせ」とゴネ泣きするので私は立ってゆらゆらしないといけませんでしたが・・・。

そしてお払い。なんなく終了。

ちなみに今回お参りした神社では

お払いで10,000円でした。だいたい10,000円が相場のようですね。

そしてお札とお守り、なぜか砂糖、そしてお土産ということでしょうか、ベビー用スプーン&フォークのセットをいただきました。

最近はお宮参りをすると、おみやげをくれる神社も少なくはなく、他の神社では離乳食の食器セットがもらえるところもあるそうです。

料亭でお食事へ

その後、料亭でお食事。

画像は料亭で最初にいただいた桜茶です。

この料亭は、入ったところでウェルカム音楽と言うか・・・そんな感じでフルートの生演奏が行なわれていました。曲は「さくら(独唱)」。

その後、私たちのグループに合わせてくださったのか、沖縄の曲の「童神(わらべがみ)」を演奏してくださいました。粋な選曲がうれしかったです♪

お部屋に入るとこんなメッセージが。

こんなお心遣いもうれしかったです。

お料理は全体的に春の雰囲気がする食材と盛り付けでした。


味ももちろん美味♪

鯛のお刺身をすだちのしぼり汁でいただいたらカルパッチョ風でさっぱりしていい感じでした。

また、サザエのパイ包みが私は一番お気に入りでした。サザエにパイが乗っかっていて、中には青菜と卵、そしてサザエが食べやすく切ってありました。

サザエっておいしいんですけれど、殻から出すのが大変なんですよね。

我が家もたまにサザエのつぼ焼きしますけれど、中身がうまく出せなくて夫に出してもらったりしています^^;

ぷちぐり、白魚のおどり食い

あと驚いたのは、これ。


白魚の踊り食いです。大人一人につき1匹用意してくださってました。

さすがにこれは・・・女性陣全員食べず。。。夫と義父で平らげる・・・つもりでしたがこれを、ぷちぐりが食べると言い出し、1匹食べたら気に入ってあと3匹ぐらいを平らげてしまいました。

踊り食いをする幼児・・・^^;



まぁ、こんな感じで忙しい一日は過ぎました。

管理人プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ中2男子・2009年1月生まれ小5男子・2011年1月生まれ小3女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
ゼロからラグビーを知るサイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
学びと自立
歴史系学習漫画比較サイト
広告
広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告