ハロウィンのルーツと意味をケルトからアメリカ、日本ver.をなぞってみた

スポンサーリンク

9月になると、街中がオレンジと紫、黒に染まるようになりました。

ハロウィン

これらはいわゆるハロウィンカラーですが、ハロウィンは10月31日なのにもうすっかりハロウィン準備月間になっちゃってますね。

ハロウィンとは~ケルト人式お盆!?

ハロウィンはもともとは古代アイルランドのケルト民族の行事です。

彼らの新年は11月1日。

この前日である10月31日には死者の霊が帰ってくるとされていました。 日本で言うお盆のようなものですね。

そして霊が帰ってくるとともに、魔物たちも外をうろつくとされていたので、火をたいたりお化けの格好をしたりして身を守っていたのです。これが仮装の起源。

この行事がいつしかキリスト教で取り入れられ「万聖節」と呼ばれるようになり、この日はキリストを信じてなくなられた方の霊の平安をお祈りする日、とされるようになりました。

また、時期も収穫の時期。収穫祭的な意味合いも含まれるようになり、アメリカに伝わった頃には陽気な仮装パーティ的な性格も加わって現在のような行事になったようです。

ハロウィンってお祭じゃなかったの?~アメリカ風アレンジ行事

古代アイルランドのケルト民族の間では死者の霊が帰ってくるとされていたことは上にも書きましたが、人々は魔除けのために仮面をつけ、かがり火を炊いて豊饒を祈ります。この日はほうきに乗った魔女が黒猫を連れてやってきて、いたずらをすると言われています。

この話を受けて(?)アメリカでは仮装をした子供たちがお菓子をせびりにもらいに近所の家々を廻ります。

お化けや仮装の起源は、この日、夜になると悪霊が地上を徘徊すると言われていたので、その悪霊を遠ざけるために、子供たちに恐ろしい仮装をさせ、町を歩かせました。子供たちは袋をもって近所の家々を廻り、「Trick or Treat!」”何かくれないといたずらするぞ!”と掛け声をかけ、お菓子をもらって廻ります。

そういえば私が幼少期を過ごした町の地蔵盆では、子供たちがお地蔵様のところを袋を持って、供物のお菓子をもらいに廻る、というならわしでした。私たちは毎年、地蔵盆では袋いっぱいのお菓子をもらったものです。

そんなところ、なんとなくハロウィンの行事と似ているなー、なんて思ってしまいました。

日本のハロウィン?地蔵盆
夏休みの終わりごろという、子どもにとっては楽しみが終わりつつあるちょっとユーウツな時期に地蔵盆と言う楽しい行事があります。 (画像は足成から) 地蔵盆とは西日本を中心に行われる地蔵菩薩の縁日のことで、もともとは毎月24日...

ハロウィンで登場するキャラたち

ハロウィンにはお化けや魔女、黒猫にジャック・オ・ランタンと、ユーモラスで魅力的なキャラクターが存在します。

かぼちゃのお化け、ジャック・オ・ランタン

ハロウィンのカボチャに入ったお菓子

ハロウィンの定番キャラといえば、お化けのような顔をしたかぼちゃ、ジャック・オ・ランタンですね。

10月になると店頭でよく見かけるちょうちんのお化けかぼちゃをこう呼びます。ハロウィンといえばこれでしょう。

“ジャック”という名の由来はアイルランドにいたロクデナシの酔っ払いの名前から来ているといわれます。

あまりの行いの悪さで天国も地獄も引き受けてくれず(←どんだけ悪さしてたんやと突っ込みたくなりますが^^;)、悪魔が投げた燃える石炭をかぶの中に入れて町をさまよい、安らぎの地を探し回ったといわれています。

昔のアイルランドでは、かぶでちょうちんを作っていたそうですが、アメリカに渡ってそれがかぼちゃとなり、現在に至ってます。 かぼちゃに恐ろしげな顔を刻み、その中にろうそくを入れて家の前に置いておくと、悪い霊を追い払うと信じられていました。だから名前に「ランタン」が入っているんですね。

恐ろしげな顔といいつつも、よくみるとけっこうユーモラスでかわいいジャック・オ・ランタン。

スーパーや雑貨屋さんなどで見かけると思わず「カワイイ!」と手を伸ばしたくなります。

お部屋や玄関などのコーナーをハロウィンっぽく飾るのにジャック・オ・ランタンは欠かせない存在です。この記事のアイキャッチ画像を探すのにもつい、ジャック・オ・ランタンを探しましたw

ほうきに乗った魔女と黒猫

魔女

ハロウィンキャラといえばかぼちゃ以外にもおばけや魔女、黒猫がいます。

おばけはまぁわかるとしても、魔女や黒猫の由来ってなんだろう?とちょっと思ったので調べてみました。

どうやらこれは古代ケルト民族の言い伝えで、ほうきに乗った魔女が黒猫を連れてやってきていたずらをするといわれていた、というところからきたのだそうです。

魔女はコスプレしやすいキャラ。仮装ネタのひとつにぜひ。

Trick or Treat!(お菓子をくれないとイタズラするぞ!!)

さて、ハロウィンでは夜、子供たちは「Trick or Treat!(お菓子をくれないとイタズラするぞ)」と言いながらお菓子をもらいまわるというのはおなじみ。

家にいる大人たちは「HappyHalloween!」といいながらお菓子をあげます。

これは、この日、夜になると悪霊が地上を徘徊すると言われていたので、その悪霊を遠ざけるために、子供たちに恐ろしい仮装をさせ、町を歩かせたのだそうです。
しかし、だからといってこうもお菓子をせびられては・・・(笑)でも楽しそうですね。

最近はアミューズメントパークやショッピングモールでもハロウィンイベントが行われるところもあり、仮装して遊びに行くと入場料が割引になったり無料になったりと、いろいろ特典もあるようです。

うちの近所のケーキ屋さんでは、ハロウィンの前日と当日に仮装して買い物に行くと何かくれるそうです。

また、我が家でハロウィンの時期に遊びに行った関西国際空港のアミューズメントビルでは、100円でハロウィンの小さなお菓子入れを購入し、ブースを廻るたび、子どもが「スイート・ハロウィン」と言えばお菓子をひとつずつもらえるというイベントをやっていました。 ヘタレな長男ぷちぐりは照れくさかったのかなかなか「スイート・ハロウィン」が言えず、戦利品はラムネ3個・・・ちゃんと言えてたら10個はGETできたのだが・・・。

うちの近所でも子どもたちが小さい頃はみんなで仮装して異年齢グループを作って近所でご協力していただけているご家庭に「Trick or Treat!」と言い廻ってお菓子をもらうという行事を何回かやったことがあります。

さすがにご近所のお子さんがうつっている写真は掲載できないので我が家の子どもたちだけ。


トイザらス・ベビーザらス オンラインストア
※トイザらスオリジナルのカボチャバケツ。Trick or Treatに使えそう★

今年もコロナ禍ではありますが、それぞれのやり方でハロウィンを楽しめたらいいですね♪

管理人プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ高1男子・2009年1月生まれ中1男子・2011年1月生まれ小5女子の3児の母。まだまだ子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
普段はスーパーのパートに行きつつ、在宅でライティングその他もろもろの仕事を引き受けつつ、ブログ運営をしているいわゆるパラレルワーカーです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、古民家カフェ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
ゼロからラグビーを知るサイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
学びと自立
歴史系学習漫画比較サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました