ついに一家で銀魂にハマる【一家でハマったアニメシリーズ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

我が家では時々、特定のアニメブームが起こります。

今のブームはおなじみ「ONE PIECE」。

これに関しては夫とぷちぐりが大騒ぎ。ハマった挙句、ぷちぐりは幼稚園でクラスのほとんどの女子にブルックの真似をして「パンツ見せてもらってもいいですか?」と聞いて回り、総お断りされたそうな(いや・・・厳密には一人だけ、見せてもらったらしいが^^;;;;;;)

ほか、「メジャー」「はなかっぱ」「天体戦士サンレッド」「大きく振りかぶって」等々、我が家ではさまざまなブームが起こりました。

そして、表の「ONE PIECE」に対して実は、裏ブームのアニメがあります。
それが・・・「銀魂」

スポンサーリンク

「銀魂」とは・・・

原作は「週刊少年ジャンプ」に連載されています。2006年4月から放送開始。

テレビ東京系毎週月曜日18時より放送中。

幕末の日本に宇宙から天人(あまんど)が侵略してきた・・・と言う設定のコメディータッチのSF時代劇。

登場人物も幕末に登場する実在の人物をもじっています。

下ネタ含む過激な内容がけっこうウケています。

さらに詳しくはWikipediaで。

最初に夫がハマり、次いで私

このアニメを最初に見だしたのは夫。キッズステーションで放送されていたのをたまたま見て爆笑したのがきっかけだったそうです。

以来、あちこちで再放送されている銀魂をチェックしてはヘビロテで見せられ続けたわが家族。

そのうち私も気に入ったキャラができたりして(結局私もガッツリ見てんじゃん!!)。

ちなみに今の時点で好きなのは高杉、土方、エリザベス(爆) ←某国民的人気キャラクターに似ていますが気にしない(爆)

子どもたちもついに銀魂にハマる

そして、今年の夏・・・・。

ついにぷちぐりとみにぐりがハマってしまいました^^;

ギャグのテンポの良さと下ネタ・汚物ネタが子どもにはツボだったみたいです。

とはいえ、下ネタ・汚物ネタがけっこうすごいので、子どもたちに見せるのはどうなんだろう???って思うのですが、ぷちぐりはヤバイ下ネタも自分の知る範囲で都合よく解釈しているし、私ら大人もぷちぐりに解説を求められたときは適当に受け流すのでまぁなんとかなってます。
(例:「ここは吉原のプールじゃねぇぞ」→「ここは吉野家のプールじゃねぇぞ」だと思っているようです)

そしてみにぐりはパンチの効いたテーマソングがお気に入り。

特に2011年度前半のOPと、夏のEDがお気に入り。
OP「桃源郷エイリアンicon
icon
icon
ED「バランスドールicon
icon
icon
「バランスドール」のイントロが流れると首を振って踊りだし、「桃源郷エイリアン」に至ってはラストの「一生懸命だ!だ!だ!」の「だ!だ!だ!」のところを一緒に歌っています

銀魂はテーマソングも魅力

コンプリートアルバムが2枚リリースされていますが、かっこいい曲が多くってかなりおすすめです。
銀魂BEST
icon
icon
icon
銀魂BEST2
iconicon

キャラクターグッズも面白いのがicon

アニメが好きになるとつい、チェックしたくなるのが、キャラクターグッズ。

キャラクターのコスチュームなんか見つけると、買う買わない関係なく、テンションあがります。

銀魂のグッズは、プレミアムバンダイに多く販売されています。

実はひそかに欲しいなと思っているグッズ。キモカワなのがいいんです♪

銀魂 円筒型ポーチ ジャスタウェイ

そういえば銀魂、10月31日放送分について、ちょっとモメています。

現役大臣をパロディしたキャラがまずかったのか、遅れて放送する予定だったCS放送の分が中止になったのだそうです。

ニュース詳細>>アニメ「銀魂」が突然放送休止 蓮舫大臣ネタが過激すぎた?

これについてはいろいろ意見があるようですが、テレビ東京で残りのシリーズ分を放送しきったことがエライと思う。

我が家はこれからも銀魂、観続けるぞ――♪
プレミアム バンダイ(魂WEB)

管理人プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ中1男子・2009年1月生まれ小4男子・2011年1月生まれ小2女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
学びと自立
Rekiサイト
広告
広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告