花茶って見た目楽しそうで気になります

スポンサーリンク

中国茶には、ジャスミンティーに代表されるような花茶というお茶があります。

PhotoACより

花茶って?

中国ではもともと、古くなったお茶を再利用するために、花を入れて飲んだというのが始まりだそうです。

コロコロと丸まった茶葉にお湯を注ぐときれいな花が登場~~!

とまるでビックリ箱のような(笑)楽しみがありそうなお茶。

お花の登場の仕方も(写真で見ただけではありますが)麗しい感じっぽい。

花茶には透明の茶器がいいというのはこのためなんですね。五感で楽しめるお茶、といえそうですね。

かなり興味があります。が私はジャスミンティーは苦手。

・・・と思っていたら、花茶にはキンモクセイや菊の香りがするものもあるので、この辺なら挑戦してみたいな、と思っています。

以下のリンクの花茶は金盞花のさわやかな香りと味がするお茶だそうです。


12個 中国茶 工芸茶 花茶 歩歩高升(キンセンカ花) Blooming Tea 花咲く芸術品 

さわやかな味なら、口の中もさっぱりしそうで、私好みかも。

管理人プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ高2男子・2009年1月生まれ中2男子・2011年1月生まれ小6女子の3児の母。まだまだ子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
普段はスーパーのパートに行きつつ、在宅でライティングその他もろもろの仕事を引き受けつつ、ブログ運営をしているいわゆるパラレルワーカーです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、古民家カフェ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
にゃんこの本棚
ゼロからラグビーを知るサイト
FruitsBasket妊娠・出産
学びと自立
歴史系学習漫画比較サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました