有機緑茶青汁でアレンジ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ちょっと前の話になります。

先日参加したリンクシェア見本市で、「森下仁丹」さんのブースを廻った時のこと。

森下仁丹さんイチオシの有機緑茶青汁の試飲をすすめられました。

青汁
森下仁丹さんって、仁丹だけではなくって、特定保健用食品を多数作っていらっしゃるのでした(初めて知った!!)。

 

スポンサーリンク

青汁っておいしくないというイメージが

青汁といえば・・・正直あんまりおいしくないという印象がありました。

かの昔、職場の同僚の結婚式二次会にて罰ゲームに青汁カクテル(それもタバスコにペパーミントエッセンス、何らかのアルコールが混ぜられて)を一気飲みさせられ、そのあとへべれけになって帰ったという恥ずかしい過去もあり、印象も悪く・・・。

でも「この青汁はおいしくつくってありますよ」と言っていただいたので、信用して(笑)飲ませていただきました。

ごくっ。

にがーーーーっ、

ではなく。

緑茶青汁と言うだけあって、お茶感覚で飲めそうな青汁でした。

抹茶の味という感じです。

おそらく、青汁であることをいわずに誰かに飲ませたら、抹茶だと思うのでは?と思いました。

青汁に対する「まずい」という偏見はもうなし!です。

青汁は食物繊維が豊富で、またオラック値という、カテキン・フラボノイド・カロチノイド・アントシアニン・ビタミンC・ビタミンEなどのパワーを分析する方法によって出される数値が非常に高く、1杯飲めば野菜からたくさん摂りたい栄養素がバッチリ摂取出来るというのがいい。毎日飲むといいというのがすごくわかります。

そんな青汁なので、子どもさんに飲ませたいと考えるお母さんたちも少なくないのでは。

というわけで、青汁アレンジをやってみました。

まずは普通に飲んでみる

粉末スティックタイプなので、抹茶パウダー感覚でいろいろアレンジに使えそうです。
・・・とその前に、まずは自宅でも普通に飲んでみる。
青汁

試飲の時と同様、お茶感覚で飲めました。
ただよっぽどしっかり混ぜないと、すぐ沈殿してしまうので気をつけないといけません。また、溶けにくいのはそれだけ食物繊維がたっぷりなためだそうなので、目をつぶりましょう。

荒業!?スイーツに混ぜる!

また、ちょうどクッキーを作っていたので、生地に混ぜ込んでみました。
青汁クッキー

プレーンの生地と組み合わせて市松模様にし、焼いてみました。
青汁クッキー

味も上々。私は満足。家族もつまんで食べてくれました(普段クッキーを作ったときはあんまり食べてくれないのです)。健康クッキーの出来上がり♪です。
それから。。。先日のロールケーキを作ったときに余った生クリームに混ぜ込んで冷凍庫で冷やしてアイスにしてみました。
これは・・・・失敗^^;
多分、生クリームが液状の時にしっかり溶かして、砂糖も少し多めにすればおいしくできたのかもしれませんが・・・普通に青汁として飲むより苦味が増して、正直おいしくありませんでした。
今度は上記の方法で試してみようかな。

子どもさんに青汁摂取してもらうアイデアとしてはだいたいこんな感じかな。

あとは牛乳で溶かして抹茶ミルクっぽくするなんてのもありですね。

・・・と、いろいろやってはみたのですが、ウチの息子は保育園から帰ってきた時、私の飲み残しの青汁をぐいっと一気飲みしていました。

普通に飲ませるのが一番いいのかも・・・。

ちなみに、妊婦さんにとっては食物繊維がたっぷり摂れる健康食品であるこの青汁をしっかり飲むと腸の働きを活発化させてくれるので、便秘対策に一役買ってもらえるのでは・・・と思います。

追記(2020/9/1)

注:森下仁丹の有機緑茶青汁は2020年9月現在、在庫切れのようです。

入手可能な青汁のリンクを貼っておきます。

by カエレバ

管理人プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ中3男子・2009年1月生まれ小6男子・2011年1月生まれ小4女子の3児の母。まだまだ子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
普段はスーパーのパートに行きつつ、在宅でライティングその他もろもろの仕事を引き受けつつ、ブログ運営をしているいわゆるパラレルワーカーです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、古民家カフェ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
ゼロからラグビーを知るサイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
学びと自立
歴史系学習漫画比較サイト
広告
広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
広告