FruitsBasket妊娠・出産

妊娠と出産の悩みと不安を楽しみに変えてみませんか?

ダウン症の検査をすすめられました

time 2012/05/25

ダウン症の検査をすすめられました

(photo byお裁縫箱

二人目を妊娠したとき、最初にかかった産院でダウン症の検査をすすめられました(当時36歳)。

先生の話によると、35歳以上の妊婦には任意で勧めており、40歳を過ぎた妊婦の場合は「できるだけ受けておきなさい」と話しているのだそうです。

35歳過ぎた妊娠は、いろいろリスクがあるようですね。

35歳妊婦のダウン症の発生率が1/400。妊婦の年齢が上がるにつれ、確率が高くなっていくそうです。

 

クワトロ検査と羊水検査

具体的な検査名は聞けていなかったのですが、先生の話を基にあれからいろいろ調べてみたところ、おそらくクワトロ検査のことだと思います。

クアトロ検査は血液検査で胎児がダウン症になる確率を出します。

費用は20000円位とのこと。これでグレーゾーン~黒だったり、はっきりわからなかったりすると羊水検査を実施することになるそうです。

羊水検査とは、お腹に針を刺して羊水を採取して、羊水中に含まれる赤ちゃんの細胞の染色体を調べるという検査です。

羊水検査になれば、泊りがけの検査で、費用も負担も高くなるようです。(羊水検査については検索すれば詳しい説明が書かれたページにたくさんHITするので興味のある方は調べてみてください)

我が家でもどうするか悩みましたが、クワトロ検査では確率しか分からないこと、費用も高いこと、そして何より・・・

 

スポンサーリンク

わかったところで・・・

結果、ダウン症の可能性が高いということが分かったからと言って、何をどうするん?という疑問があったこと。ダウン症かもしれないから産むのやめる?

結果がどうであれ、産んで育てると言う選択肢が変わらないのであれば、そんな検査してもあまり意味がないし、そうすると検査代ももったいないので、やめました。

クワトロ検査は妊娠15週~17週ぐらいに実施すると言うことで、転院先の病院で検査の話があるのかなと思っていましたが、何も言われなかったのでそのまま検査なしで出産しました。

結果、ダウン症ではありませんでした。

 

でも・・・いまだに私、クワトロ検査の意義がよくわかりません。確率しか分からないのに必要なんかな。

 

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お知らせ

子どもたちの成長日記

管理人プロフィール

にゃんこ

2005年9月生まれの男子・2009年1月生まれ男子・2011年1月生まれ女子の3児の母。
元大学病院のMSW(産科・小児科担当)。
ただいま産後太りに悩み中(爆)
★さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール管理人の家族について」に。

STATUS

月別