2004.10.3(日)パペーテ2日め~市街へ繰り出す 編

p.hotels2

パペーテもなかなか悪くないです。どうせならもう一日過ごしたかったな。

スポンサードリンク

パペーテでの朝食

最初で最後のパペーテでの朝食。これが・・・

今日しか食べれないのが惜しいぐらいにメニューの種類が豊富。デザートのケーキまでおいてあるし。

すっごく食べたかったけど、あれこれ取っていたら結局デザートまで手が出せず、残念。

ポテトサラダはめっちゃおいしかった♪

ちなみに、ボラボラのホテルにあった卵料理のコーナーは、こちらのホテルでも健在でした。そしてやっぱり注文するキノコオムレツ。うまい♪

ホテルのプールで泳ぐ

あの雰囲気のよさそうなプールに是非入ってみたかったので、行ってみる。

p.pool2プールサイドから見たプール

このプールは、浅いところと深いところがひじょうに極端。浅いところは小さい子どもでも泳げるぐらいの浅さ。海水浴に行く海の波打ち際ぐらい。

手押し車(体育の時間によくやった、アレです)でも歩けるぐらい。

ところが深いところになると、やっぱり水深160cm。155cmの私は間違いなく溺れるっちゅうねん。

情けないことに、プールサイドにつかまりながら、ずーっと奥の方の滝へ移動する。

滝を見ると思わずやってみたくなるのが、アレ。

夫が泳ぐとすけきよがやりたくなるのと同じで。

私もつい、やってみました。  滝に打たれて修行、のポーズ。

これ、やってみたくなるのは私だけじゃないよね?(笑)

そして、プールサイドにはちらほらと、パレオ姿の女性を見かけることができた。さすがに市内をパレオで歩くのは恥ずかしいけれど、プールサイドだったらちょうどいいよね。

ル・トラック初挑戦

市民の足、ル・トラックに挑戦してみる。ちょうどホテルを出た向かい側にバス停があるのでそこで10~15分ぐらい待つ。

entrance3待ってる間にホテルの前を撮影。

 bus市内を走るル・トラック

日曜はバスの本数がへるらしいのでだんだん不安に。・・・と思っていたら来てくれた。

助手席の人に「パペーテ」と言い、OKなので後ろに乗る。

車内はホントにトラックを改造したような感じ。向かい合わせの座席。そしてよく揺れる。

車内から町並みを眺めていると、ほとんどの店は閉まっている。パペーテ市内で無事買い物できるのかなぁ・・・少し心配になりました。

やがてパペーテらしきところに到着。シェラトンホテルから乗ってきた日本人観光客が降りるのに合わせて私たちも降りる。

一応目的地はヴァイマ・ショッピング・センター。それを探してうろうろ、うろうろ・・・。

市内はほとんど休み

さすがに日曜日。市内はほとんどお休み状態。  せっかくなので街の風景をいくつか撮影。

papeete1まん中に見えるは教会。

papeete2 見事にシャッターが閉まってます。

 atm市内にあるATM機。なるほど。こんな感じなのね。 

しばらくすると、ヴァイマ発見。

vaimaまん中に見ゆるがヴァイマです。

ここもさすがに例外ではなく、ほとんど休み。

ただ、いくつかの店舗は観光客のために営業しているらしい。「IA ORANA」を頼りに日曜営業の店を探す。

アネモネという店を発見。店の外にたくさんのパレオが陳列されている。私はパレオ、夫はTシャツをここで探す。

ちなみにここは、Tシャツの専門店らしい。種類や柄もひじょうに豊富。

ここで何人かの友人と親戚へのパレオ、母と伯母、義父、夫の上司へのTシャツ、夫の伯母へのカレンダーなどをここで購入した。

今度はパレオ専門店ル・ティアレという店をのぞいてみた。

ガイドによるとここは店長が手描き&染めた一点もののパレオが販売されているらしい。さすがに一点もの。お値段も相当。残念ながら買わずに帰る。

夫が「喉が渇いた~」というので1階のカフェ(?)で休憩。

夫はヒナノビール、私はサンデーを食べる。ここで夫はビールをひっくり返し、グラスを割ってしまう。ごめんなさい。

時間が早いので、いったんホテルに帰って荷物をおき、ホテルの売店でさらにおみやげ探しをしようということになり、ふたたびル・トラックにてホテルに戻る。

帰りのバス乗り場がわかりにくくて困りました。パペーテに来た時に降りたバス停の向かい側で待っていたけれど、向かいへ行かずに、降りたバス停のところで待っていたらぐるっと廻ってくれるらしい。

変わった精算

ホテルに戻り、プールサイドのお土産やさんでパレオを購入。

購入費をホテルのチェックアウトの時に一緒にしてもらおうと思い、それを店員さんに伝えると、金額を書いたメモをくれ、これをフロントに持っていき、またここへ戻ってきて欲しいとおっしゃる。

その通りにすべくフロントに行き、従業員さんにメモを見せると、書類にサインをするよう依頼され、メモに書かれた金額を現金で私たちにくださった。

フロントでいったん立替えるから、お店の店員さんに払ってください、ということらしい。こういう精算の仕方があるのかとちょっとびっくり。

ルロットに繰り出す

さて、今日の夕食。旅行前から絶対行くと決めていた(執念の^^;)ルロット(屋台)。

待ちきれなかったわけではないが、夜間のル・トラック利用は控えた方がいいというアドバイスもあったので、明るいウチに出発しようということになり、早めに出てル・トラックでパペーテに向かう。

パペーテ到着後しばらく波止場でうろうろしていたら、何やら波止場のそばの広場が賑やかに。そうか、これがルロットかぁ。

rurot

実は私たちはルロットでチャーハンを食べたい!と思っていました。

ルロットの中で日本語メニューのある中華のシェ・マミーに行こうとしたんですが、やはり日本語メニューのあるところに日本人あり。日本人が数組いらっしゃる。

ここまで日本人が固まっていると何か敬遠してしまい、他にないかな~と探してみることにしました。

とりあえず一周してみたら、あるルロットですごくおいしそうにステーキを焼いているところを発見。(シェ・パピーというルロットです)

夫はいきなり「ここにしよう!」とスタスタと屋台へ。日本語メニューがあるかどうかもわからずに。しかもチャーハンがメニューになかった。

ま、日本語で書かれていなくてもなんとかなるもんで。シャオメンとステーキをひと皿ずつ注文。

美味!!!特にステーキ!!!

この旅行で食べたステーキの中で一番おいしい♪

とりあえず少なくすませて、別の屋台でチャーハンを食べようと試みるも、お腹がいっぱい。腹ごなしにステージのショーを観る。

hawaiian.dance

今日はちょうど、ハワイからダンサーがたくさんやってこられて、ハワイアンダンスショーが行われていた。一粒で二度おいしい状態。

いよいよラストナイト・・・(涙)

もうタヒチとはお別れなのね・・・(涙)

としんみりしたいところだが、明日の夜はひじょうに早い。

4時起きということなので早めにルロットを去る。さらばルロット。

タクシー乗り場に行こうと思い、横断歩道を渡ろうとしたらちょうどル・トラックが。

運転手さんが「コイコイ」なんてやってるもんでひっこみがつかなくなり、あっさりタクシーからル・トラックに変更。

乗ったら同じツアーだったご夫婦にバッタリ。  そういえばこの夫婦はサメの餌付けツアーでも一緒で(日本人のヒデオさんと一緒に記念画像を撮影してくれたのはこのご夫婦のダンナさん)ルロットでも何度か顔を合わせたのだった。ホテルに到着するまで今回の旅行の話に花が咲いた☆

さて、部屋に戻ると・・・  やれお風呂だ、荷造りだーーーとバタバタ状態。

夫はスーツケースが閉まらないと大騒ぎ。

私はお茶の禁断症状が出た(笑)のでお湯を沸かしてティーバックの日本茶を飲む。

明日、4時に起きれますように・・・・

おやすみなさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする