(画像は2009年夏旅行の海水浴で撮影したもの)

7月の20日ごろになると、小・中・高校生たちは終業式を迎えます。
それが終われば約1か月とちょっとの夏休み。。。。いいなぁ。

 

夏休み、どこ行く?

夏休みの楽しみは各家庭それぞれ。
海水浴にキャンプ、プール、田舎に帰省などなど・・・。
また、夏休みには遊園地やテーマパークの催しも夏休み向けになっていたり、映画も子どもが好きそうな作品がたくさん上映されます。

我が家では毎年一回は海水浴に行きます。
最初は海を怖がっていた長男ぷちぐりも今や海大好き。次男みにぐりはまったく海を怖がる気配なし。今後も海水浴は恒例行事として定着しそうです(私も海に入りたいよぉ・・・)。

子どもたちの交友関係が広がると、引っ越して遠くに行った友達や幼稚園・小学校を変わっていった友達と遊ぶ機会にもなりそうなのが夏休み。友達同士お泊まりし会うという楽しみもまたありそうな。

夏の旅行プランにぜひ。

>>【日本旅行】 お得な宿泊プラン&海外旅行をオンラインでらくらく予約!
>>旅行に行くなら [Yahoo!トラベル]
>>みなと悠悠宿泊レポ
※我が家で2年に一度は泊りに行くバイキングが美味な宿泊施設。詳細は以下(にゃんこ一家の夏休み)で↓

 

子どもの夏休み中は昼ごはんに困る

子どもたちは夏休みで狂喜乱舞ななか、ゆううつになるのが母たち(爆)
だってねぇ・・・
子どもたちのお昼ごはんに頭を悩ませちゃうんですもの。

我が家はまだ、長男ぷちぐりが幼稚園に行っている間でも、日中は未就園児がいるためお昼ご飯はきっちり作らないといけないのでさほど大きなストレスではないですが(というより普段からしんどいので、ストレス上げ幅が少なく済んでいるだけ?爆)、一番下の子がもう幼稚園以上になっているというお母さん方の話を聞くと、休み中のお昼ごはんはけっこう悩みの種だそうです。

うちの場合はお昼ごはんは以下の中から選んでいます。
(前日の残り・うどん・ラーメン・チャーハン・どんぶり・オムライス・焼きそば・お好み焼き・グラタン・パスタ)
これらを冷蔵庫の残りを駆使しながらちゃちゃっと。

簡単昼食メニューを探すならやっぱりCOOKPAD
「簡単 昼食」で検索したらいっぱい出てきますよ。

また、朝っぱらからドタドタと走り回られるのも暑苦しくて困りますよね^^;

こういう場合は・・・
もし学校などでプール開放などがあれば、積極的に参加させちゃいましょう。
午前中だけでも出かけてくれるし、お出かけ先が学校ならまずは安心だし、子どもたちも友達に会えるし。
それにプール遊びとなると子どもたちのテンションUP!しかも楽しく疲れてくれるので、午後~はZZZZZ・・・かも♪

 

夏休みの宿題はお早めに

宿題は早いうちに!
・・・って親がいくら言っても子どもたちはなかなか「早く終わらせることの大切さ」をわかってはくれないですね。いやでも、夏休みの宿題を「普段の勉強習慣を鈍らせないためのもの」と考えたら、毎日少しずつやるのが本来なのかな。

宿題と言ってもいろいろありますね。
ドリルものから製作もの、絵日記、作文、自由研究など。
ドリルはなんとかなっても製作ものや自由研究の手伝いはいろんな意味で気を使います
(親が手を出しすぎると手伝ったのがバレバレな作品が出来上がったり・・・自由研究や観察日記などは夏休みが終わるころにあわてて夏休み中の天気を調べたり・・・)

子どもに案を提案するのが意外と楽しいのは自由研究。
最近はキットもいろいろ販売されているそうですね。

 

自由研究、自由製作案いろいろ

文系が得意なら、簡単なところで
・特定の作家(音楽家・画家でもOK)の作品と生涯、時代背景などを調べる
・特定の歴史の大事件に関する研究。人物研究もあり。
といった研究ものはテーマが決めやすいですよね。

製作ものも比較的とっつきやすい。
工作や縫い物など・・・。

夏休みのお出かけやレジャーを有効に活用した自由研究も面白いですよね。
夏休みに公開されている映画をひとつ見て、その監督のほかの作品を研究するなんてのも。

理系ならばハンズネットなどで専用のキットがたくさん販売されています。
天文系、科学系など面白い挑戦ができそうです。
理科と家庭科の融合で、化学反応を利用した料理レポートなども楽しそうです。

>>ハンズネット

でも・・・大事なのは「子どもの自主性の尊重」と「親の作品・レポートにならないように適切にサポートすること」

そしてそのためには・・・期日ギリギリまで放置しないこと。期日ギリギリになるとつい、「どうでもいいや」になったり、親が手を出しすぎてしまいますからね^^;

 

にゃんこ一家の夏休み

ぷちぐり幼稚園年中
(2010年の夏
みにぐり1歳
まめにゃんはお腹の中)
ぷちぐりは毎日外へ出かけては、近所の友達と遊んでました。
そして時々、じいちゃん宅やにゃばば宅に出かけ、ビニールプールで遊ばせてもらいました。
幼稚園は夏休み中4回程度、登園日がありました。そのうち一日はPTAの美化作業も兼ねた日^^;
恒例の夏の旅行はやっぱり恒例のみなと悠悠♪
>>今更ですが海水浴の話
>>海水浴で『みなと悠悠』に宿泊しました【1】初!キッズルームに宿泊
>>
海水浴で『みなと悠悠』に宿泊しました【2】全国3位のビュッフェを堪能♪
ぷちぐり幼稚園年長
(2011年の夏
みにぐり2歳
まめにゃん0歳)
ぷちぐりは昨年同様、毎日外へ出かけては、近所の友達と遊んでました。
幼稚園は夏休み中4回程度、登園日がありました。恒例の夏の旅行は海釣りのできる宿に泊まりました。
>>2011年夏の家族旅行は伊勢でお部屋魚釣り
>>海遊びを満喫♪~伊勢で海水浴と海釣り
>>古き良き旅館~お部屋で海釣りができる旅館「海楽園」
ぷちぐり小学一年
みにぐり3歳
まめにゃん1歳
 小学生初めての夏休み。なかなか宿題をやらないだろうと思ったので、夏休み突入前に一日のスケジュール表を作りました。
>>もうすぐ夏休み【2】夏休みの計画を立てる
そのほか、もちろん行かせましたプール開放。こういうのを利用しないとうるさいうるさい(爆)
夏はやっぱりみなと悠悠。
>>2012夏旅行【1】まずは出石でおそば
>>2012夏旅行【2】久美浜で海水浴
>>2012夏旅行【3】一番の楽しみは全国3位のライブビュッフェ

にゃんこの子どもの頃の夏休み

小学校1~2年 両親が店をしていたので、父方の実家に預けられていました。そこは田舎なので毎日草花をいじったり、畑の野菜・果物をおやつにいただきました。宿題を毎日少しずつ片づけるという習慣は、当時高校生だったいとこのおかげで身に付きました(^^)
小学校3年 7月中はプール開放によくおでかけしてました。母と二人で海水浴にも行ったかな。
小学校4年 ひたすら近所の友達と遊んでました。野球わかんないのになぜか友達と高校野球を見てました。
あと、公文に通っていたので、7月中は午前中ずっと公文。
それから、鳥取に旅行に行きました。
小学校5年~6年 上記の友達と毎日遊びました。そして公文。
当時の担任の先生は、普段はしっかり勉強しろと言い、毎日たくさんの宿題を出しましたが、夏休みだけは「しっかり遊べ」と言って、宿題はありませんでした♪
でもさすがに申し訳ないので(?)自由研究として巻物年表を作った記憶があります。
中学校1年 1年の時はなかなか規則正しい生活ができていて、午前中に少しずつドリルをこなしていたら8月のお盆明けには宿題完了。この習慣が身についたのはやっぱりいとこのおかげか。
中学校2年 秋の文化祭の発表を控えていたのでクラブ活動を頑張っておりました。
中学校3年 初めての受験を控えて、五ツ木の夏期講習を受けていました。そして奇跡的なことに、当時の夏休みの宿題は、学年初めに1・2年で習ったことの総復習ができるドリルが配られていたのですが、それの特定のページまで、という指定。
が、1学期の間に少しずつ受験勉強を兼ねて取り組んでいたら、夏休み前には課題のページまでの分が終わっていた・・・。この習慣が高校卒業まで続けばよかったなぁ・・・
高校1~2年 美術部員&文化祭の実行委員をやっていた関係で、しょっちゅう学校に行ってました。
なもんで夏休みもあっという間に終わり・・・
高校3年 大学受験のため、夏期講習に通ってました。

振り返ってみれば、ライフステージごとにそれぞれ違ってるのが面白いですね。
今どきの子供たちはどう過ごすのだろう。
自分の子供たちを見ながら、「私の頃はこうだったなぁ」なんて思うのでしょうね。