シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「チャングムの誓い」より~スラッカンの試験について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

今日は木曜日。

木曜のお楽しみは「宮廷女官チャングムの誓い」

今日の「チャングム」はスラッカン(宮廷の調理場)の女官の試験方法におもしろさを感じました。

さて、どんな方法かというと・・・
(以下「チャングムの誓い」第8話に関するネタバレあり)
まず、課題によるペーパーテスト。

課題には故事が書かれてあり、故事から何の料理を作らなければならないかをつかむ。(これをペーパーに記して、正解でなければ突破できない)

突破した順番に、その課題料理に使う食材を選べます。

選べる食材の中には、品揃えの加減もあり、たとえば肉の部位でも「本来この料理にこんなところの肉、使うか?」なんてのも混じっている。質のよいものもあれば、悪いモノもあります。

たとえペーパーで早くに突破できても、食材を見る目がないために、食材選びにつまずいてしまうこともあり得るというわけ。

また逆に、意外な食材でおいしく作れることもあり得ますけど(今回のチャングムの場合はそうです。ただ、定められた材料をきちんと使えなかったがために落第してしまいますが・・・)

そして、選んだ食材を使って課題の料理を作る、というのが試験。

この試験はなるほど、スラッカンの女官としてできなければならないことが充分に試されるしくみになっていることに感心しました。

知性、食材を見る目、調理の能力、食材の管理能力・・・。たしかにどれも女官として必要な能力なんですよね。

こんな試験、なかなかおもしろそう。

私も一度受けてみたいなー、なんて思うものの、私が受験したらほぼ間違いなく愛のエプロン状態だろうなって気もする・・・。

投稿者プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ小6男子・2009年1月生まれ小3男子・2011年1月生まれ小1女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
Rekiサイト
ウェディングBGMを探そう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク