シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

出石でおそば【2012夏旅行・1】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

にゃんこ一家は、この26~27日と、夏の恒例家族旅行に出かけていました★

DSC_0025

2年に一度の割合で遊びに行っている、おなじみ久美浜です。

★久美浜って

京都府京丹後市にある久美浜町のこと。

位置的には京都府の北西あたりで、兵庫県と隣接しています。

日本海と久美浜湾の両方が楽しめる、海水浴には魅力的なところです♪

>>久美浜町観光総合案内所

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出石でお昼

久美浜は京都府とはいえ、兵庫県にほど近いところにあるので、我が家ではよく、兵庫県の出石を廻って名物出石そばを食べてから海水浴に向かうというルートをたどります。

出石と言えば、風情のある時計台が目印ですが・・・

我が家はマイカー旅行のため、市街地へは入らず、車で行きやすいところでおいしいお店を探していくことにしました。

結果・・・

前回立ち寄っておいしかったこのお店に。

DSC_0022

一鶴です。

>>出石そば一鶴

店内写真を撮るのはちょっと遠慮させてもらったのですが、飾り物が多く、見て廻るのが楽しいお店です。

izushi01
おそば登場。

一人前5皿の計算で25皿来ました。男性が食べる平均がだいたい13皿ぐらいだそうです。

当然足りないので、5皿追加(笑)

出石そばの楽しみ方

出石そばの食べ方

1)とろろと生卵をおわんに入れる
2)出しを入れる
3)お好みで薬味を入れて・・・
4)おそばを入れて食べる
と言う感じ。

私はとろろも生卵もNGだったのでダシそのままで食べたらかなり濃いダシでした(涙)ちゃんと入れるものは入れたほうがいいです。

私のような人は・・・蕎麦湯を足したほうがいいのかな。

おそばはもちもち・シコシコでおいしかったです。

お蕎麦大好きぷちぐりは私を上回る勢いでガッツガッツいってました。皿数も多分私より多かったようで。恐るべし小学生。

そしてみにぐり&まめにゃんのチビたちは、いっそダシなしにしたほうが食べやすかったようで・・・到着前にお菓子をガッツガッツ食べていたみにぐりは論外として、まめにゃんはダシ有よりダシなしのおそばをガッツガッツいってました。

私はどちらかというと・・・そばを食した後の蕎麦湯が楽しみ♪

蕎麦湯とは、ダシに少し味のついた湯を混ぜて飲むものです。

暑い夏ではありますが・・・これを飲むとほっとします。

が・・・残念ながら私にはホッとする時間はなかった(涙)

まめにゃん、またもや脱走(爆)

コイツは見知らぬ場所に来るとウロチョロしないと気が済まないのかも・・・。

蕎麦湯を少しずつ口にしながら、まめにゃん追い掛け回し。

パパとぷちぐりも助太刀してくれましたが・・・。参る(涙)

・・・っと、今回はこんなんではありましたが、蕎麦湯でほっこりタイムはなかなかよろしいです。

ちなみにこのお店、一鶴さんでは、店内に飾られている蕎麦猪口コレクションが見ものです。

私ら一行は、このあと、いつものみなと悠悠に向かい、海水浴を楽しむことに。

続きはまた今度♪

投稿者プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ小6男子・2009年1月生まれ小3男子・2011年1月生まれ小1女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
Rekiサイト
ウェディングBGMを探そう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする