シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

古き良き旅館~お部屋で海釣りができる旅館「海楽園」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

8月10~11日の2日間、伊勢に海水浴に行きました。

何度も記事に書いたのですが、今回宿泊した旅館は、お部屋で海釣りができる旅館です。「海楽園」

>>海遊びを満喫♪~伊勢で海水浴と海釣り

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夫の思い出が今回の宿泊先を決めた

この旅館を選んだきっかけが、夫の中学生時代の記憶。

部屋から海釣りをした、という記憶から今年の旅企画が決まりました。

夫の話と、楽天トラベルでの口コミに書かれていたことから、今回の宿泊はすごく楽しみでした。
(ちなみに口コミには、料理とスタッフの方の対応がすごくイイ!と書かれていました)

そして、結論から言いますと・・・期待以上でした♪

ホントに海が近い!

海釣りがウリの旅館だから当然と言えば当然ですが、海が近い!!

お部屋からはこんな感じ。

窓から真下を見るとこんなん。

また、旅館に到着した時に通していただいた喫茶コーナーの窓から見た海もホントに近くて、感動でした!

そして、海近(略しました^^;)ならではの温泉もあり。

海水露天風呂。私は朝、チビども就寝中&ヤローども海釣り中に素朴なタラソテラピーを堪能してきました♪

夜景も花火もきれい

夜景もきれいでした。

ちょうど私たちが宿泊した日は、花火大会がありました。

至近距離で大きな花火が見れて感動でした。
(画像は全然大きくない花火ですが、生で見た時は大きかったです。花火写真を撮影するのは難しい!!)

いい時に宿泊できてよかった♪

やっぱり楽しみは料理

私の御膳です。私はお刺身が苦手なので伊勢エビの卵とじに変わっていますが、もともとはこれがお刺身で登場します。

ふたのついたお椀が鯛のあら煮(夫絶賛)、左のしゃぶしゃぶは松坂牛のしゃぶしゃぶです。

これに、焙烙焼きと冷たい茶碗蒸しのようなもの、ごはんとお味噌汁、デザートがついています。

また、伊勢エビかアワビの刺身or焼きが選択できます。

私は伊勢エビの塩焼き

夫はアワビのお刺身をチョイス。

さらに、オプションで松坂牛の焼肉をオーダーしました。

おまけ・ぷちぐりのちびっこ御膳。

ぷちぐりが食べきれなかったので、少し頂きました。

伊勢エビのグラタンが美味♪

量的にはちょうどいいという感じだったので(注・大食い夫婦の適量)一般の皆さんからすれば食べきれない量かも。

ひとつ残念だったのが、私のお刺身の代替えメニューが伊勢エビだったのなら、選択メニューは焼きアワビにすればよかったな~~。

朝ごはんはこんなん。

古くからある普通の旅館ですが・・・気持ちのいい旅館でした

お部屋や設備は、はっきりいって古いです。

(お部屋の全景写真撮るの忘れた・・・・)

お風呂も(女風呂だけかもしれませんが)狭いし、赤ちゃん用のお風呂いすもお食事椅子もなかったです。

だから、大浴場に行く時はパパと交代でお部屋で赤ちゃんをみる必要があります。

実は、まめにゃんを大浴場に連れて行ったら、まめにゃんを座らせることができなかったので、まめにゃんを膝の上にまたがらせて座らせ髪と体を片手で洗い、脱衣場では床に転がしといて着替えました。

でも・・・こんなことがあっても満足度が高いのは、スタッフの方々がすごく親切で、親しみやすい方々ばかりだったから。

朝ごはんを大広間で食べていたときのこと

まめにゃんを私の席の横に寝転がせて食事をしていたら、はいはいであちこち動き回ること必至。

当然この時もそう。

すると、私たちのお部屋の担当仲居さんがまめにゃんを抱っこして大広間をぐるっと廻りながらあやしてくれたのです。

まめにゃんはほかの宿泊客さんたちから「かわいい~」と言われ、さらに愛想を振りまいていた様子。

おかげで私は、まめにゃんを気にせず食事をとることができました。

ホントに子連れにやさしい宿って

よく、雑誌やネットで「子連れにやさしい宿」特集などで、「子連れにやさしい」指標のひとつとして「お食事椅子の用意」「お風呂用いすの用意」「キッズスペースあり」「離乳食を用意」などが取り上げられていることがあります。

でも、設備が完備じゃなくても、スタッフさんの心遣いのおかげで、椅子が用意されているよりも落ち着いてお食事をとらせていただくことができました。

「子連れにやさしい宿」の本当の意味を考えさせられてしまいました。

そして、口コミにある「スタッフさんの対応がいい」と書かれていたことをあらためて実感。

夫も「なんだか、気持ちのいい旅館やった。また来たい」と。

たぶん、リピート宿のひとつになりそうです。

心残りがひとつ

リピするなら、今度はぜひここを利用したい♪

駐車場の横にあったお座敷。なんだかすごく気になります。

ひょっとしたら、ここからも魚釣りができるのかな?

投稿者プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ小6男子・2009年1月生まれ小3男子・2011年1月生まれ小1女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
Rekiサイト
ウェディングBGMを探そう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする