(画像は自宅近くに作られていたことのある雪だるまです)

 

1月5日は「小寒」です。

いわゆる寒の入りです。

この日から節分までが「寒」であり、寒さはこれからが本番です。  大雪のニュースもぼちぼち聞こえてきますね。

 

がんばれ受験生!

1月のお正月が明けたら、受験生の方はもう大変な時期になりますね。

というか、お正月も返上でがんばっている方も多くいらっしゃるのでこの書き方は失礼かもしれませんね。

我が家には受験生がいないので、受験の時期がどうだったのか・・・なかなか思い出せずにもいたのですが、よく考えると、大学受験以降もこれまでに受験した資格試験がちょうど今ぐらいの時期に行われていました。

私のジンクスは「大雪の日に受験すると合格する」です。

大学もたくさん受験しましたが、私が合格できたのは1校のみ。その大学の受験当日は大雪で交通機関が危ぶまれるほどでした。

しかも、試験後帰る途中に警備員が 「●●●ないように気をつけてお帰りくださ~い」(●内は想像に任せますが、受験生の方は想像しないほうがいいです) 今思えばお前空気読めよ!と思わず心の中でツッコミを入れたくなる話です。

また、資格試験の日も大雪でバスのダイヤ乱れまくりでした。

試験当日、大雪だったら身体は冷えるし交通機関がどうなるかも心配ですごくイヤになりますが、せっぱつまった試験の場合は私はひそかに大雪になることを祈ったりもして。

今からできることは限られているかもしれませんが、直前におさらいしたところが試験に出た!ということも少なくありませんので、あきらめずにがんばってくださいね。

 

受験生に役立つかも・・・なものいろいろ

これまでに何度もシリーズを重ねてきたドラマ「3年B組金八先生」の第一シリーズに、受験の心得についていろんな先生方が生徒たちに話しているシーンがありました。

あらためて見れば当たり前のことばかりなのですが、当たり前のことを再度チェックすることが、非日常である受験日をうまく切り抜けるコツです。

絶対チェック!当日の持ち物

受験票(絶対!!)

生徒手帳(絶対!!)

筆記用具  (鉛筆数本・消しゴム2個・小さな鉛筆削り・シャープペンシルも1本あれば)  ※シャーペンのみは避けたほうがいい(万が一試験中に壊れてしまったらあせります)

勉強しなれた参考書やサブノート

・カイロ

・ひざ掛け(コートで代用も可?)

・時計(アラームがならないようにできるものまたはアラームなし)

・お茶

・お弁当(午前午後とも試験がある場合)

・ハンカチ数枚(緊張すると手に汗をかくことも)

・マスク(試験日が一日だけでないなら新型インフルエンザ対策かねて)

また、試験当日に会場前で配布している予備校の予想問題はできるだけ受け取ってください。そこから出題されること多しです。(ただし、なんとなく誘導して「試験結果を郵送する」等の呼び込みには注意してください。詐欺の可能性もあります)

受験生応援お菓子・グッズ

最近はメーカー各社いろいろダジャレのような受験生応援ものを販売していますね。

オヤジギャグっぽいけどなぜかクスッと笑ってしまう。

受験生応援グッズが熱い!

合格薬局 (楽天市場)

ふじの国から(台風19号にもめげず落ちなかったりんごが受験生に縁起がいいそうです)

合格を応援する「カルピス」はちみつ仕立て(合格した時のしあわせ感いっぱいのデザインの「受カルピ~ス ストラップ」付)

記憶力を高めるレシピ

昔よく母に「背の青い魚を食べないと賢くなれない」と言われました。

子供のころは魚が苦手だったのでいやいやながら食べていましたが、実はこれは栄養学的にも根拠があったそうです。

【マグロ】【ブリ】【サンマ】【サバ】【カツオ】【イワシ】【アジ】などの青魚にはDHAという成分が多く含まれています。

DHAとは別名「脳の発達を促す栄養素」「頭が良くなる栄養成分」と呼ばれるほど、脳の発達には欠かせない成分なのです。

脳内でDHAが十分あると、脳細胞が活性化され、学習能力や記憶力の向上につながります。

ということなので、受験生の皆さん!受験前には積極的に青魚を食べましょう!

クックパッドでDHAたっぷりレシピを検索してみる

ベルメゾンネット