シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2015年はイスラム国と安保法制とラグビーの年?私の心配事をぶっちゃけます【炎上お断り】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

年末になるとテレビ番組も「今年の総決算」的な番組が増えてきますね。

そして毎年この時期なると発表される「今年の漢字」、先ほど発表されたようですね。

今年は「安」ですか。

はがきやウェブサイトを通じた公募で決まる「今年の漢字」。2015年は全国から12万9647票が集まった。今年は『安保関連法案』が審議され、採決に国民の関心が高まったことや、世界で頻発するテロ事件や異常気象など、人々を不「安」にさせた年、ピン芸人・とにかく明るい安村の「安心してください 穿いてますよ」のフレーズが流行するなどが理由に挙がった。
今年の漢字は「安」(yahoo!ニュース)

この字を見たとたん、「安保法制」のことだろうというのはもちろんピンとくるのですが、「安心してください、穿いてますから」もあったのかw

昨年から今年にかけての国際関連のニュースはウクライナ情勢の報道が多かったですが、今年はイスラム国の報道と東アジア関連で埋め尽くされていたような印象があります。

でも・・・中東やイスラムの情勢っていまいち理解しづらい。

そういえば「国際社会の常識を知りたい。それを知るには世界史をいったんおさらいしみてみることだ」と突然思い立って、学習まんがから世界史を学び始めてはや2年。

今は世界史と日本史の年表をドッキングさせて両方の流れを押さえつつ、古代から少しずつ概要を学んでいるところです。

(学習の進み具合や歴史関係の番組の感想をtwitterで時々つぶやいています)

ただ最近はミクロでおさえすぎて概要が余計見えなくなってきているので学習方法を考え直そうかと思ってますが。

そんななかでも、やっぱり中東の歴史ってよくわからない。十字軍も途中から迷走するしwオスマン帝国に至っては私の学習がまだそこまで進んでいないので・・・。

世界史の古代・中世はキリスト教とイスラム教の教義・・・あ、仏教もですね、をある程度学ばないとわからないみたいです。

というわけでまだ読みかけですが、これ読んでます。

池上&佐藤ってこの前も同じような著書を見たような気がしますが・・・『新・戦争論』だったね。

今まだオスマントルコのところを必死で読んでいるところというぐらい亀の歩みなんですが、トルコがオスマン帝国への回帰を目指していて、中国は明への回帰を目指しているように見えるしで、最近のあちこちの国々は中世に戻りたいんですかね^^;

この本についての最終的なレビューは読み終えてからこちらかブクログかRekiサイトというただ今準備中の歴史関係のブログにゆっくり書きたいと思うのですが、イスラム国関連で私が今一番心配していることを言わせてください。

実はイスラム国のテロを一番に心配しないといけないのは、日本ではないかと思います。

理由1)宗教観が違いすぎる
基本、日本は神道と仏教の国ですが、無宗教の方もけっこう多いですよね。でも日本以外の他の国って信仰はけっこう身近。それだけに無宗教であるということ自体が、他国の人たちにとって信じられないようです。狂信的で狭義のイスラム信者からすれば「神を恐れぬ罰当たり者」と思われている可能性は極めて高いと思うのです。あとは・・・皆まで言うのはちょっと怖い。

理由2)アメリカと仲がいい

理由3)セキュリティが甘い
実は一般市民が知らないだけで、軍事的なレベルはけっこう高くなっているのかもしれませんが、ちょっと安保関連の法律を変えるだけでやれ「戦争をする国にするのか」なんて大騒ぎされるようでは、なかなか軍事面でのセキュリティをあげるのは難しいですよね。。。

私の心配が杞憂になればいいなと思います。

安保にしても世間的に意識が高くなってきたので「あなたはどう思う?」と聞かれることも少し増えました。

「自分はこう」ってキチンと言えるようになるにはちゃんと学びたいなと思います。世界史、引き続きお勉強しよう。

大地球儀30

投稿者プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ小5男子・2009年1月生まれ小2男子・2011年1月生まれ幼稚園年長女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク