シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

どうしても言うことをきかないチビたちよ、これでもくらえ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

片づけをしない、ごはんを食べない、寝ない・・・子どもらがいうことをきかない場面は数知れず。

数々の育児書を見ると、やれ「対話が大事。粘り強く言い聞かせる」だの、

「好ましくない行為に関してのみ無視、好ましい行動を大げさに褒めて好ましい行動に伴う付加価値をつけてあげることによって好ましくない行動を減らす」などあらゆる叱らない方法が書かれてあったりするんだけど・・・そんなに簡単にいうことを聞くようになるか!

とりあえず今のこの状況を何とかしたい!という場面に出くわすと、即効性を求めてしまうことも少なくありません。

そこで最近は時々、これに頼ることもあります。

「笑っていいとも」や「おはよう朝日です」で紹介された「おにから電話」

こんなスマホアプリがあります。ありがたいことに無料です★

oniden01

おにから電話

これは、例えば子供が言うことを聞かなくて困った時に、上記メニューの「言うことをきかない時」をタッチすると、鬼から電話がかかってくるというものです。

ものものしい感じの電話の音が鳴り、恐怖感をあおります(爆)

電話に応答すると・・・

「もしもし。あかおにです」

と、こわーーーーーーい声が。

こっちも適当に演技しながら子どもの行状を訴えると、相槌が返ってきます。

そのうち、「電話、かわってもらってもいいですか?」と言われ、子どもへの語りかけになります。これがまた、恐怖感をあおります。

そしてこんな画像に。

oniden02

ほか、それぞれのシチュエーションごとにいろんな人から電話がかかってきます。

小学生のぷちぐりには効果がありませんでしたが(私が普段脅しに使っているN田のおっちゃんのほうがよっぽど怖いらしい)、4歳児みにぐりには効果てきめんでした。

ただ、みにぐりには鬼からの電話よりも、この人からの電話がかかってくることが多いです。

oniden03

この人は、「寝ない時」にかかってきます。

そして、子どもに電話を替わると、世にも恐ろしいおちよの顔がドアップで!!!!!!!!

まさに効果てきめん。おかげさまでみにぐりは、おちよからの電話がかかると、それまで暗闇の中で遊んでいても即、布団を頭からかぶって寝始めます。

最近では、電話の呼び出し音だけでビビるように。早く寝てくれて助かるようになりました。

でも、スマホいじってから電話がかかってきていたら不自然では・・・?

なんてことも心配ありません。

タイマー機能なんてのもあるんです。

10秒後・1分後・3分後と設定できます。

ただこれ・・・タイミングがずれるとまずい。

我が家では一度、おちよからの電話をタイマー設定したら、その後すぐにみにぐりもまめにゃんもzzzzz。

寝てるにもかかわらずおちよから電話。しまった!

こんな時は「拒否」ボタンで停めることができるんですけど、みにぐりが着信音で起きてしまい、失敗。

さらにぷちぐりも起きてしまい、ひと言。

「おちよ、うるさい!」

教訓:タイマーはほどよく、効果的に

難しいわな・・・(笑)

無料アプリにも面白いのがたくさん

でも、長い目で見たらこんな即効性のみを期待してやりこめる形での接し方は好ましくないので、よっぽどの時に限って使うようにしようとはしていますが、いざという時は助かります。

この「おにから電話」は無料アプリですが、初期メニュー以外に使いたいシチュエーションがあれば有料での利用になります。

我が家では鬼とおちよだけで事足りているので無料で利用させていただいています。

また、怖いことだけでなく、クリスマス時期にはサンタさんからの電話なんてお楽しみもあるようです(有料)

最近は無料アプリにもおもしろくて使えるのが多いですね。

気に入って使ているのは

生理日を記録する「女子カレ」、服装対策に使えてカワイイ「おしゃれ天気」、蜷川実花プロデュースのカメラアプリ「cameran」、じゃらんのかわいいマスコット・にゃらんと一緒に写真に写れる「にゃらんカメラ」などなど。

不定期にはなりますが、気が向けばアプリ紹介もしますね。

おにから電話

oniden01>>スマホの方はここで無料ダウンロード

 

投稿者プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ小6男子・2009年1月生まれ小3男子・2011年1月生まれ小1女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
Rekiサイト
ウェディングBGMを探そう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク