シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

幕末志士もまるでゲームキャラ?楽しく読んで幕末の時代を楽しもう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

bakumatsu01

NHKの大河ドラマ「八重の桜」の影響で、幕末と言う時代に興味を持ち始めました。

でも、もともとは幕末ってよくわからなくて、歴史のお勉強の中でも避けて通りたい時代だったんですが・・・わかってくると楽しいもんですね(^^)

思いはそれぞれだけれど、日本をよくしたいという情熱たっぷりの時代。血みどろもたっぷりですが、そのへんは読み解いていくうちに少しずつ免疫ができてきました。

最近は図書館で幕末の本を探しては読む日々です。といってもまだ難しいのは読めませんので子供向けの本が中心ですが・・・。 

 

まるでゲームブック?な解説本を発見!

そんな中、こんな本を見つけました。

The Quest For Hisotry 幕末志士完全ビジュアルガイド (The Quest For History)

レッカ社 カンゼン 2010-03-23
売り上げランキング : 132334
 

by ヨメレバ

見りゃわかると思いますが、左から西郷隆盛、坂本竜馬、沖田総司です。

美化しすぎやろ~~~~と思いつつも見ずにはいられませんでした。 坂本竜馬ってこれみたらまるで氷室京介みたい(笑)

さっそくカーリルで所蔵している図書館を探して借りました。

この本は幕末志士108人がめっちゃキレイなイラストで掲載されています。

坂本竜馬がまるで氷室京介(笑)と思っていたら・・・さらに読み込むと、愛しの勝先生(=勝海舟)はGACKTみたいやし、永倉新八は布袋寅泰みたいだったので笑ってしまった。岡田以蔵はちょっと怖いです。

私は幕末初心者なので、書かれてあることをそのまま信じてしまうのですが、詳しい方のレビューなどを見るとイラストの衣装や解説文も時代考証がしっかりしているとのこと。お勉強には最適です。

ところどころに掲載されている時代背景などの解説も読み応えたっぷりで勉強になります。

そのぶん、読むのは大変ですが・・・。

人物も土佐藩、長州藩、薩摩藩、新撰組、幕臣などわかりやすく分類されているのと、人物ごとに「関連の深い人物」の掲載ページがナビゲーションされているので、人物関係が理解しやすいです。

しかも、ゲームのキャラクターブックのように、戦闘能力が円で表示されています。「運」「武力」「弁舌」「政治力」「知力」の5つ。

例えば坂本竜馬は弁舌と知力は素晴らしいが、運がない(^^;)とか、岡田以蔵は武力は高いが知力がないとか(爆)なるほど~と思います。

そんな感覚で読めるので、小学校高学年の歴史好き少年に特にピッタリっぽいです。

文章も多いので、興味に動かされ、しっかりした文章を読むようになると、文章読解力も上がりそうだし、親にとってもいいかも★

ふっふっふ。こういう本をもっと子どもたちに読ませることによって、歴史好きが増えてくれるとうれしいな★

この本はかなりごついので私もまだ読み終えていないのですが、これから歴史関係の小説やドラマ、映画を見るたび辞書代わりに使えそうなので、永久保存版として買っておいてもいいなぁ。

(注:アイキャッチの写真には付箋がついていますが、返却時には付箋を外して返すのがマナーです。もちろん私も読了後にはずすつもりです)

姉妹ブログの関連記事

幕末から学ぶ・吉田松陰

 

投稿者プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ小6男子・2009年1月生まれ小3男子・2011年1月生まれ小1女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
Rekiサイト
ウェディングBGMを探そう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク