FruitsBasket妊娠・出産

妊娠と出産の悩みと不安を楽しみに変えてみませんか?

赤ちゃんのお部屋づくり

merry03

入院までにやっておくことのひとつとして、赤ちゃんのお部屋を作るというしごとがあります。

すなわち、赤ちゃんが過ごす場所づくりという意味でいいんですけどね。

雑誌やショップのパンフには具体的な数字まで示してくださり、丁寧にきっちり説明してくださってますが、実際はややこしいことはありません。

結局は、大人が過ごせる環境にちょっと気配りをすればいいだけのことですから。

 

スポンサーリンク

 

必要なものがすぐ使えるように

赤ちゃんのために使う肌着やオムツ、沐浴用品、寝具など退院してお家に帰ってきたらすぐに使うようなものはわかりやすく使いやすいところにセット。

退院してからあわてなくてすみます。

また、ベビーベッドをレンタルする場合は出産予定日より2~3週間早め、要するに正期産に入るころに自宅に到着するよう手配しておくと、予定日より早く赤ちゃんが生まれてしまってもほぼ大丈夫かと思います。

矢印大型グッズはレンタルを利用するのも方法~ベビーベッドを借りました

 

大体こんなことができているとほぼ大丈夫

肌着をはじめとした衣類を出しやすいところに保管。 
オムツとおしりふきを出しやすいところにセッティング
 オムツ用のゴミ箱を用意。

★布オムツの人は各種グッズをセッティング
沐浴用品をまとめておく。バスタオルや沐浴後に使うと思われる衛生用品もいっしょに
寝床を作る。布団の場合は寝具一式をまとめておく。
哺乳びんを消毒しておく

 

赤ちゃん部屋の室内環境

赤ちゃんのお部屋づくりのポイントは、明るく、安全で清潔で、静かなこと。

明るさ 日当たりのよい部屋を選びたいですが、直射日光の入る部屋は避ける
室温の目安 20~24度(基本、大人で少し寒い~快適の間ぐらい)
湿度の目安 50~60%
赤ちゃんは新陳代謝が活発で、大人よりも体温が高め。

・・・とありますが、私は実際あんまり数値的なことは気にしませんでした。

温湿計もあれば目安になりますが、数値を気にしなくても大丈夫です。大人が過ごしている部屋なら赤ちゃんも過ごせるはずなので。

異常に暑いとか異常に寒い状態でなければほぼOK

ただ、実際赤ちゃんがおうちに帰ってきてから過ごす場合、以下の点には注意。

 

赤ちゃんとお部屋にいるときの注意事項

・こまめに掃除機をかけ、換気をすること(特に冬、暖房器具を使用するなら必須)。

・画鋲の使用は避ける、落ちると危険。

・家具の上に置くものに注意。落ちないようにする。また、落ちそうなものをおかないようにする。

・エアコンの風を直接当てない。エアコンはフィルターの掃除をこまめにする。

・照明器具の真下にベビーベッドを置かない。

・ベッドは窓から少し離れたところにおく。隙間風や照り返しの影響を受けにくいようにする。

・電話やテレビのそばに寝床をつくらない。

・窒息しないように顔の周りにタオルなどを置かない

・ベッドから離れる時は必ず柵を上げること。

・禁煙!・・・・当然か。

 

あると便利なグッズ

おやすみホームシアター

長男ぷちぐりの寝かしつけに大活躍しました。

[csshop service=”linkshare” keyword=”おやすみホームシアター” sort=”-sales” pagesize=”4″ mode=”embed”]
icon
icon
ディズニーキャラクターズ 天井いっぱい!!おやすみホームシアター
icon

>>赤ちゃんに寝かしつけグッズは必須!(ブログに書いたレビュー記事)

 

胎内音ぬいぐるみ

赤ちゃんはおかあさんのお腹にいたときと同じ音を聞くと安心して眠りにつきやすくなります。

といっても有効なのは生後3ヶ月ぐらいまでなので使用期間は短いですが、効果はてきめんですよ♪

ディズニーベビーベビートイ いっしょにねんね ベビーミッキー icon
(写真のデザインのものは2010年現在もうないようです)

>>赤ちゃんに寝かしつけグッズは必須!

[csshop service=”linkshare” keyword=”いっしょにねんね” sort=”-sales” pagesize=”4″ mode=”embed”]

 

モニター

icon
icon
スマートベビーモニター 2WAYくまさん
icon
キッチンなど日中家事をする場所と赤ちゃんの寝床が離れているときに便利です。

 

ベッドガード

ベッドのさくに頭を当てるのを防止するものです。ベビーベッドをレンタルしてもこれはついてこないので注意。

たとえばこんなやつ↓
icon
icon

100均の学童用の座布団でも応用可能です。

 

室温計

温度と湿度がわかります。大人の感覚だけで判断しづらいなと思うなら。

 

ベビーたんす

できるだけベビーベッドより低い家具にする。物の落下や店頭の心配を防ぐため。

 

スタンド

夜中の授乳時や夜泣きの時にすぐ明かりをつけて様子を見られるようにおいてあると便利です。

>>ベッドサイドで使うLEDライト

バウンサー

これがあればいつでもママのそばでねんねできます。
折り畳みがしやすく、持ち運びが楽なほうがいい。代わりにチェアにできるラックでも。

[csshop service=”linkshare” keyword=”バウンサー” sort=”-sales” pagesize=”6″ mode=”embed”]

ベッドポケット

ベッド周りの小物を整理できます

 

春夏秋冬別気をつけること

花粉の季節です。こまめな掃除を寝具:敷布団+掛け布団+綿毛布

昼と夜とで温度差があるので毛布で温度調節を

除湿のしすぎは空気が乾燥するので注意。冷房と自然風をうまく併用して空気を循環させる。冷房設定は27~28度ぐらいで

敷布団+タオルケット

冷房の聞き具合などで肌布団やタオルケットを使い分けて

一日の温度差が大きいときは寝具や衣類に気をつける寝具:敷布団+掛け布団+綿毛布

昼と夜とで温度差があるので毛布で温度調節を

夜中の授乳要にすぐ温まる暖房器具があると便利です。暖房は昼は22~23度、夜は18度ぐらいで。

寒くても空気の入れ替えはこまめに。

敷布団+掛け布団+肌布団+毛布

エアコンで温度調節を



down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お知らせ

子どもたちの成長日記

管理人プロフィール

にゃんこ

2005年9月生まれの男子・2009年1月生まれ男子・2011年1月生まれ女子の3児の母。
元大学病院のMSW(産科・小児科担当)。
ただいま産後太りに悩み中(爆)
★さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール管理人の家族について」に。

STATUS

月別