シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

嵐・二宮くんの初出演ドラマ「天城越え」DVDを衝動買い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ちょっと最近二宮くんLOVEが再燃し、二宮くんのWikipediaを再び見ていたら、二宮くんドラマ初出演だったドラマがつい観たくなって、Amazonで買ってしまいました♪


(PHOTO BY写真AC

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ初出演は「天城越え」

このドラマは1998年の新春ドラマとしてTBSで放映されたもの。

原作は松本清張。

「二宮くん」「新春ドラマ」「松本清張」このキーワードが揃っていれば私にとっては大きなハズレはないと踏んだから買った、というのがホンネですけど(^^)

「天城越え」あらすじ

舞台は昭和26年。

小さな印刷会社の社長・多吉のもとに、26年前の事件である「天城山中殺人事件」について話したいことがある、と、刑事さんが訪ねてきたところから始まります。

二宮くんは天城山中殺人事件が起こった大正15年の少年時代の多吉の役。

多吉は家でのさまざまな不満が爆発し、家出を試みます。

そして天城山中をさまよっていると、妖艶な28~9歳の女性・ハナと出会います。

そして旅をともにするにつれ、ほのかな恋心を抱き始めます。

「この人を守ってあげたい」・・・と思い始めた矢先、人相の悪そうな男と出会います(ごめんなさい。この役をされていたのは六平直政さんでした^^;)。

ハナは「この男と話がある」と言い、多吉に先に行くようにと言って追い払います。

数日後、人相の悪い男は他殺体となって発見、ハナが容疑者として手配され・・・というストーリーです。

感想

二宮くんの演技がまだ初々しく、なんだか息子を見るような目で見てしまいました♪

やっぱり上手い・・・んでしょうね。

目立つ感じではないけれど、静かにひそかに上手いというか。

タックルをかけるシーンは「硫黄島からの手紙」のラストに近いところでアメリカ兵に丸太を振り回すシーンとダブりました。

観ている途中で結末がなんとなく見えてきたので、ストーリー的には松本清張作品によくあるような展開です。ま、私は二宮くんが観れただけで満足ですが♪

そうそう、作中、刑事さんがミーティングをしているシーンがあったのですが、そこでチラッと、まだハゲきっていない温水洋一さんが映りました。今よりまだ髪が・・・ありました。

JALショッピング/機内誌JALSHOP最新号掲載商品

関連リンク

Wikipedia:二宮和也
◆「硫黄島からの手紙
Wikipedia:温水洋一

投稿者プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ小6男子・2009年1月生まれ小3男子・2011年1月生まれ小1女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
Rekiサイト
ウェディングBGMを探そう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする