シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ヘルパンギーナにかかった息子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 4

夏になると、子どもの病気でプール熱やヘルパンギーナが流行るそうです。

わが息子もついにかかってしまいました。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナとは

yahooヘルスケアより引用しました。

毎年7月ごろをピークとして4歳以下の小児、とくに1歳代に流行することが多い夏かぜの代表疾患です。高熱と口腔内の発疹(のどの奥に紅暈こううんで囲まれた小水疱しょうすいほうが現れる)が特徴的です。

 原因ウイルスは多種類ありますが、多くはコクサッキーAウイルス(CA)、とくに4、6、10型が多いといわれています。そのほか、CA2、3、5、8、16型、コクサッキーBウイルス、エコーウイルスなども、ヘルパンギーナを起こすことがあります。

2~4日の潜伏期ののち、突然の高熱で発症します。口蓋垂こうがいすい(のどちんこ)の上周辺に紅暈を伴った多数の小水疱が認められます。水疱が破れて潰瘍を作ることもあり、幼小児では痛みのために水分摂取が不足し、高熱とも相まって脱水症状を起こすことがよくあります。

 発熱に伴って熱性けいれんを合併することもありますが、一般的に数日の経過で回復し、予後は良好です。まれに無菌性髄膜炎むきんせいずいまくえんや心筋炎を合併することがあります。

難しい用語が出てきて「?」になりそうですが、要するに喉の奥周辺に白いブツブツができる夏風邪のようなものですね。

ヘルパンギーナの診断がつくまで

発見と診断

保育園に迎えに行った帰り、なんとなくいつもに比べて元気がない。

いつも帰りは家の前を素通りして近くのショッピングセンターの入り口まで歩いていってはスーパーのかごを私に渡そうとするのが日課ですが、今日は途中で帰っていきました。

パパが帰ってきて息子を抱っこしててもやっぱり元気がない。

ひょっとして熱?と思って測ってみたら38.7℃!!

幸いかかりつけの小児科が診療時間内だったのですぐに連れて行きました。

結果・・・ヘルパンギーナだと。

よくわからなかったのですが、口内炎のような微妙に白いプツプツができているのと、喉が赤くはれているということだそうなのです。

症状の経過

おうちでは解熱剤といつもいただく風邪薬を飲ませること。

食事は喉越しのいいものを与えること(すっぱいもの、からいもの、冷たいものは刺激になるので控える)→うどんやおじやがいいらしい。


熱は2~3日続くらしいので、保育所はお休み。

明日は私もお仕事休ませてもらいました。(代わってくれたS田ちゃんありがとう!!)

これからしばらく、息子を看病です。。。

投稿者プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ小6男子・2009年1月生まれ小3男子・2011年1月生まれ小1女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。

◆ほかの運営サイト
FruitsBasket妊娠・出産
タヒチ旅行記
Rekiサイト
ウェディングBGMを探そう
広告
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする