シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

伝記を読むなら学習漫画から。今どきの伝記漫画は人選が新鮮で大人も楽しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

小学校高学年の道徳の教科書には、有名スポーツ選手や世界の偉人の生涯が掲載されています。

そして学校でも、国語の学習もかねて、「伝記を読む」という宿題が出されるようになります。

そのような宿題が出される背景には、その人の生きざまから「物事に一生懸命打ち込むこと」や「あきらめないこと」などを学ぶという狙いがあるのだと思います。普段親自身の背中からこういったことを子どもたちに教えられていない者からすれば、とてもありがたいです。

長男ぷちぐりも実は冬休みの宿題に「伝記を読む」という課題が出されました。読書感想文は特に必要なしで、学習漫画でもOKという、かなりユルい宿題でしたが、おかげでぷちぐりとぷちぐりの悪ガキ友達wたともとっつきやすかったようで、みんなそれぞれ個性にあった偉人の話を選んで読んでいたそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伝記探しに頭を悩ませる

ところで、子どもが興味を持ちそうな偉人っていったい誰だろう。

うちの場合は、車バカなのでやはり本田宗一郎に食いつくかと思いました。たぶん、担任の先生もそう思っていたことでしょう。

が・・・

難航しました。なんせぷちぐりの伝記探しの条件がハードル高すぎ。

ぷちぐりの伝記探し条件

1)今まで読んでない人・・・「本田宗一郎」はすでに読んだので×(というかぷちぐりの伝記デビューがこの人だったのですでに読了済)

2)近代以降の人・・・なので、「織田信長」「真田幸村」などの戦国武将は×(ちなみに幕末志士は歴史を学んでいない今の段階では難しいと判断して私のほうから「今はまだやめとき」と言いました)

3)親世代が子供のころの伝記にはいなかった人・・・「野口英世」「エジソン」は手あかがつきすぎなのでイヤなのだそうです。

4)友達が選んだ人以外・・・聞けば友人たちは「円谷英二」「アインシュタイン」「一休」をセレクトしたらしい。

5)学習漫画以外は×・・・パパがおすすめした「竹鶴政孝」(マッサン)や「フォード」は図書館では文章のものしか見つかりませんでした。

さらに、年末の図書館でこれらの条件に合う人を探すのが難しい。近所の図書館には「西田幾多郎」しか見つかりませんでした(^^;)

さすがにちょっと難しいwので、隣町の図書館に探しに行きました。その図書館で見つかったのが上の画像の本。「本田宗一郎」を再読するか…なんてことも言ったり、なぜかナポレオンが混じっていたりしますがw

最終セレクトは「スティーブ・ジョブズ」

結局、ぷちぐりがセレクトしたのは・・・「スティーブ・ジョブズ」でした。

ぷちぐりにとって身近なiPadやiPhoneを作った人なのでなじみやすいしまぁいいかと思い、読んでいる様子を見守りつつ、感想をさり気に聞いてみました。

私としては試作品を水没させて「まだまだ小さくできる!」なんて言ってさらに最小化しろといったエピソードや、アップルを追い出されてもめげずにピクサーで頑張った話などを気にしてほしかったのですが、ぷちぐりは・・・

「ジョブズって、おんなじ服を何着も持っていたんだってーーー」

「すい臓がんの手術を進める医者に『やなこった』って言ってるジョブズの顔、めっちゃおもろーーーい」

そっちかーーーーーーーい!!!!!

冬休み明け、先生にちゃんと感想言えたんかな、心配やわ。

今後子どもたちに読ませたい伝記

「スティーブ・ジョブズ」であの反応なので、今後、これらを読ませてどこまで心に刺さってくれるかはなはだ疑問ですが、こんなん読んでくれたらうれしいなと思います。

小林一三

私たちの生活になじみのある阪急電車と宝塚歌劇団を作った人です。楽しそうにいろんなアイデアを出した人なので子供にお勧めしたいなと思ってます。

伊能忠敬

日本地図を作った人でおなじみですが、おすすめポイントは、地図を作り始めたのは壮年期を過ぎてからだったんですよね。
好きなこと、興味のあることに打ち込むのはいくつからでもいいんだよということを知ってほしい。

杉原千畝

「命のビザ」でユダヤ人を救った人。
人助けの精神よりもむしろ学んでほしいのは、その人助けができた背景には優れた情報収集力があったからこそということ。
人の命を助けるのは熱い心だけではできません。

松下幸之助

経営とモノづくりの精神、両方を学ぶにはやっぱりこの人かなと。

娘がもう少し大きくなったらお勧めしたい女子の伝記

女子の伝記は少なすぎるのが悩みです。もっといろいろ出てほしいのですが・・・。

エリザベス・ブラックウェル

世界初の女医さんです。実は最近、図書館で借りて読んだのですが、目的を達成するために頑張る不屈の精神はぜひ学んでほしいところです。

オードリー・ヘップバーン

背が高いせいでバレリーナの夢をあきらめざるを得なかったオードリー。
それならと、女優という違う道を模索して成功した人。進路選びにはこんな方法もあると知ってほしい。

新島八重

日本人女性の伝記で、参考にできそうな人がこの人ぐらいしかないのが残念。


ちなみに学習漫画の伝記は大人が読んでも面白いです。最近の伝記は人選も新鮮ですね。子供のころの伝記にはいなかったような人たちがいっぱいです。

まずは大人が読んでみて、「これならぜひ読んでほしい」と思うような本をさりげにリビングにおいて、読んでみようと思わせるのもいいですね(^^)

投稿者プロフィール

にゃんこ
2005年9月生まれ小5男子・2009年1月生まれ小2男子・2011年1月生まれ幼稚園年長女子の3児の母。子育て真っ最中なので教育や子育てに関する話題に関心があります。特に発達障害児の育児への関心が高いです。
長男出産前は大学病院のMSW(産科・小児科担当)をしていました。
その他興味関心は世界史と幕末を中心に歴史、ドラマ、映画、J-POPなどエンタメ系、季節の行事、キッチンネタ。

◆さらに詳しいプロフィールと家族については「管理人プロフィール」「家族について」に。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする